私的日報

カテゴリ: 東方

コミックマーケット82に一般参加してきました。
8月11日(2日目)、主なジャンルは東方Project。



天気予報によるとこの日は「雨」とのこと。バッグに入れた雨具を使わないで済むことを祈りつつ、正午前に国際展示場駅に到着しました。今まで参加してきた中でも一番遅い時刻に来たのですが、国際展示場駅の構内には相変わらず大勢の参加者たち(とそれを拡声器で誘導する駅員さん。本当に毎回お疲れ様です)。ただ、人の流れはだいぶスムーズで、ビックサイトに正面の陸橋(やぐら橋)から待機する必要もなくささっと入場できることに謎の安堵を覚えました。気になっていた空模様も絶妙な曇り具合から徐々に陽光が射し込んでくるようになり、雨具の出番はついぞ訪れることがありませんでした…天気に関しては本当に恵まれてる。

去年のように大手サークルをまわることもせず、気に入った一部のサークルや仲の良いフォロワーさんが参加している合同誌を頒布しているサークルに足を運ぶだけだったので、一時間半程度で希望の作品が手に入る結果となりました。いや、Twitterとかを見ていて思ったのですが壁とかシャッターとかは大変ですね…上海アリスとか上海アリスとか上(ry
むしろ空腹を抑えるのが大変でした。(財布がスッカラカンになってたので)クレカを握りしめながら館内の高っっっいレストランに入ろうと何度思ったことか。

それは置いといて。戦利品の話をしましょう。

camera_Anne_Tiny


見ての通り、かなり数を絞っています。懐事情が忍ばれますね()
各作品についてちょっとしたレビューを書いてみました。括弧内はサークル名です。

1. Atlas(GEOGRAPHIC)
今回のコミケで真っ先に訪れたサークル、GEOGRAPHICの新作。
この作品を開封してまず驚くのが、音楽CDが入っておらず幅一メートル近い紙が一枚折り畳まれているだけ、というところ。音楽は中に書いてあるURLからダウンロードするという形式をとっています。その「紙」こそが作品であり、新聞紙ほどもあろうかという特殊紙にボイジャーの金属板(地球外生命に人類の存在を伝えようというアレ)やDNAの二重らせん構造などをモチーフとした様々なインフォグラフィックスが施されています。
音楽の方はというと、3名のアーティストが参加しています。どれも壮大な楽曲であり、「われわれは何者で、どこに立っているのか」に対する一つの答えを音楽という形で表現しているように思いました。

2. utopia(GEOGRAPHIC)
3. Visibility(GEOGRAPHIC)

これらは新作ではありませんが、クロスフェードデモを聴いて一発で気に入ってしまい購入。
GEOGRAPHICには、数多いる東方アレンジ作曲家のうち私が最も好きなアレンジャーの一人であるesthaさん(東方アレンジサークルXL Projectを主宰)が楽曲提供しています。

4. 魔法少女と活字1(flap+frog)
5. bitter(flap+frog)

ジャズとエレクトロニカとアンビエント。どれも私の好きなジャンルなのですが、それら全てを内包したアレンジ曲を創り続けているのがこのflap+frog。落ち着きたい時に、眠りたいときに、ちょっとした作業のお供に、ぜひどうぞ。
「魔法少女と活字」には楽曲だけでなく、オリジナルフォントの「MARISA Rounded」がダウンロードできる権利が付属しています。楽曲を製作しているサークルでフォントまで製作しているところを、私は今まで見たことがありません。次作も新たなフォントが…?
「bitter」は今年の例大祭で頒布されました。すぐにでも食べたくなるチョコレートケーキ(ザッハトルテ?)に可愛い魔理沙のジャケットが素敵なアルバムです。もちろん楽曲の方も素敵さ増し増し。

6. Chiruno Cluster Anthology(旅の栞)*合同誌
題名の通り、チルノ合同本です。
かわいらしい絵柄で私が尊敬してやまない黒豆8号さん(pixiv id=882091)が参加してたので必ず手に入れようと思っていました。1〜12月のイメージを反映したチルノが12人の絵師さんによって描かれています。どのチルノも可愛らしさ全開であなたをチルノクラスタに引き込んでくることでしょう。

7. 瓶詰めスプランドゥール(よぬりめ)
即売会では昼過ぎに完売するほどの人気サークル「よぬりめ」の新刊です。レイマリ本。
スプランドゥールとはフランス語で素晴らしいもの、燦然たる輝き、などといった意味があるようです。魔理沙が瓶に詰め込んだモノは……作品を手に取ってからのお楽しみ。
よぬさん(pixiv id=111793)が描きだす可憐な霊夢と魔理沙、そして揺れ動く二人の恋心に胸の高鳴りが収まりません。完売する前に買えて本当によかった。


* * * * *

レビュー、いかがでしたか?
この記事を読んで、少しでもこれらの作品・サークル・絵師さん達に興味をもっていただければ幸いです。コミケで年々買う物が減ってきているのは、きっと「好きなモノ」へのこだわりが自分の中に形成されている証拠。これからも自分が好きなモノをもっと応援できたらいいなと、C82を通じて強く思った次第です。


それでは、冬にまた会いましょう。
あるサークルで売り子さんするかも。

じめじめした季節を迎えたかと思いきや、沖縄のほうは既に史上最速の梅雨明けを迎えたみたいです。沖縄の海に夏になる前に行って飛び込みたい。夏は灼けるように暑いので却下です。もうとっくに夏だよママン!←更新をさぼりすぎたツケ

晴耕雨読といいますが晴れた日は勉強、雨の日はブログ書くのが現代人にちょうどいいのではないでしょうか?
こんにちはrook_flyerです。

すでに2ヶ月が経過してしまいましたが、博麗神社例大祭に一般参加した日のことをいつもの不安定な語り口で振り返ろうと思います。


********


5月8日。

本来3月に行われるはずだった例大祭はその前々日に東日本一帯を襲った大地震により開催が危ぶまれていたが、奇跡的にゴールデンウイーク中の開催が決まった。あの極限の混乱からわずか数週間程度しか経っていないのに迅速な振り替えが実現したのも、ひとえに運営スタッフの方々の努力ではないだろうか。本当にお疲れさまです。

さて、肝心の自分はというと、前々日まで例大祭のれの字すら頭に入ってなかった。なんだか東方のイベントに行くという行為そのものがとても遠くに感じられるようになっていたのだ。
…簡潔に言うと「冷めた」と言えないこともない。けど、別に東方そのものに飽きたわけではない。アレンジ音楽は毎日のように聴いていたし、ニコ動でもそれなりに東方関連の動画を観ていた。だが、ビッグサイトまで足を運ぶという行為がその時の自分にとって非常に億劫であったのは確かだった。


それでも、前日の夜になって「行きたい」と思うようになった。不思議なことだ。
僕はそこ、ビッグサイトにいる人達への興味をまだ失っていなかった。直に会ってみたかった。東方Projectという作品をハブに広がっていく二次創作の輪を作る人達と、未だ見ぬ、未知の作品に触れてみたかった。

というわけでまさに当日の昼ごろに電車に飛び乗り、国際展示場へと足を運んだのだった。

で。

着いたのは昼過ぎ。果たしてお気に入りのサークルの新譜は残っているのか…

結果、

2011reitaisai


全部買えた(∩´∀`)∩ワーイ

自分がマイナーどころばかりチョイスしていたせいか、太陽が真上から燦々と照りつける頃にビッグサイトに着いたにも関わらずすべて手に入れることが出来ました。満足。

その後、もはやお馴染みとなった例大祭アフターオフに顔を出して無事帰宅。なんだか拍子抜けしたけれども、いろんな人に会え、いろんな作品に触れ、いろんな考えを知った一日を過ごしたのだった。おしまい。


今年の夏コミは行くかどうかまだ決めていませんが、たぶん行くと思います。参加される方のご健闘を祈ります。
それじゃ、また。

写真すら上げていなかった冬コミ(C79)の話を書こうと思います。

記憶が風化して砂になってしまわないうちに書き出さないと…といいつつ放置ってましたがとうとう。とうとうですよ、書きますよ!(バンバンッ



********


4時に起きました。もちろん午前です。
僕は眠たい目をこすりつつも出発の準備を整えました。睡眠時間3時間だけど気にしない!

そしてなぜか「ぼくらのウォーゲーム」を観はじめる。回線がISDNでOSがWindows98という時代設定(しかも当時はWindows2000が出たばかりで事実上の主要OSだった)に感銘を受けつつ、10年前を振り返りつつ楽しんだ40分間でした。
ていうか時の流れは早いですね、10年前ってまだ小学生じゃないですか自分…若いってレベルじゃない、あの頃に戻りたい。

デジモン世代でウォーゲームを観ていない人は是非観て欲しいと思います。「サマーウォーズ」も観るとなおいいとおもいます、監督が同じく細田守で共通点がわんさか(というか、デジモン放送時には技術的に出来なかったことをサマウォでやろうとした感がすごく)あります!あまりにも構成を重ねすぎていて逆に比較していくのが面白かったり。


…完全に脱線。



午前6時、ホッカイロをポケットに入れていざ出発。


一二月の晦日だから寒くないわけがなく…吐く息が白くなりました。
話は脱線しましたが電車は脱線することなく平常運転で大井町→りんかい線で国際展示場へ。
7時に国際展示場駅に到着。いつもよりはだいぶ遅めです。ちなみに今回は普通に一般入場でした。
101230_162636


4回目、4ヶ月半ぶりのビックサイトも、なんだか見慣れた気がしました。

着いたときはまだ太陽が出ていたのですがしばらくすると雲が空一面に広がりあっというまに曇天になり、そのうえ風まで吹いてきて凍えるような寒さを開場まで体感することになりました。当時の気温はおそらく4、5℃ぐらいしかなかったでしょう。とにかく寒い。コートとマフラーと手袋つけてても寒い。ふと視線を上げると、

待機列と上空の間の 空 気 が 揺 ら い で る 

…( ゚д゚)


目の前の建物に入れないもどかしさに3時間ほど焦らされ、ようやく10時に。前方から伝播する拍手の波。
こうしてコミックマーケット79は幕を開けたのだった。

開幕から40分ほど経ってようやく列が動き始め、人の波に乗って(乗らざるを得ない)東ホールに入館していった。相変わらずの混み具合、というか混んでいないとおかしい。

速攻で東方(東23壁だったと思う)をまわって1時間も経たないうちに欲しい同人誌やCDを頒布していたサークル全てを回り終わった。サークル名記載のオリジナルマップがなかったら永遠に東館を彷徨っていたかもしれないと思う程にコミケは過酷だよなぁとか妙な感慨を抱いて館外で風に晒されつつ体を休めた。
今回のコミケでもTwitter経由で知り合った人たちに挨拶することができたし、仲良くなって聞いてみたら実は友達の友達だったっていう人とはいろいろと話が出来たし普通に友達になれて普段回らない企業ブースとか案内して貰えました。新鮮だったし、まだまだ未知の世界があるんだなーと感心しました。

今回初めて気付いたこと:東方ブースとその他の温度差。いろんな意味で。そのときまで実態を知らなかったというか、井の中の蛙状態でした。

もうね、見た瞬間に「あ、人口密度が違う」ってわかるぐらいの違いが分かってしまう。特に午後になって東23の東方ブースを歩いていてもかなり人が多くてまだ殆どのサークルが頒布をやっているのに、東1に入った途端人が「いない」。非東方サークルの九割五分は既に撤収した後でガラガラ。森を彷徨っていて突然木が一本もない平野に抜け出た旅人の気分になれました…w
そんな風景を目の当たりにして、東方ブームがいかに現在もまだ加熱してるかを肌で感じたし、これからもしばらくは続いていくんだろうなと思いました。

****

今回の戦利品はこちら。
RIMG1188

回るサークルがわりと安定してきたと思う今日この頃。
今回一番表紙が素敵だなーと思ったのはサークル「よぬりめ」のラブ・レター。魔理沙が封筒をかざしているやつ。アルバムの個人的ベストは<echo>PROJECTの[Rosee]でした、格段とVoのレベルが上がっている気がしました。
最近また音楽アレンジ分野がマンネリ気味なので新規開拓したいところです。おすすめのサークルがあれば僕に教えてくれると喜びます。


****


と、こんな感じでした。もう5ヶ月近く前の話になりましたが、こうしてなんとか文章に出来たのは僕としては奇跡的だと思います(笑)
次のゴールデンウィークは例大祭が迫っていますが、現時点では行くか行かないかは未定です。できたら行きたいですけど…お金も時間もあるかどうかわかりません!頑張らないとね。


それじゃあ、また。願わくば近いうちに。

いまさらかよ!ってツッコミは無しの方向で。第七回博麗神社例大祭レポ。


前日。なぜか12時間睡眠をかまして午後4時に起床。いやちがう、これは寝過ごさないための万端の準備なのだっ!

頭ぼーっとしつつ、ついったーしつつサークルチェック(今さら)をして朝を待つことに。10時ごろからTwitter上で寝始める人がぼちぼちと…自分はもちろん寝れないわけで^o^

このとき一部のエクストリーム入稿をしたサークルで、プレスが間に合わない→新作頒布が不可能になったという知らせがTLにちらほら流れてきて、その中に君の美術館とかがあって悲しみにくれる。なぜこうも芸術家達は期日ギリギリを目指すのだろうか…!


****


寝れない、と思ったら案外寝れるもので、2時就寝4時起床を成し遂げる。
たぶん朝飯はパンだった。今度は睡眠不足で頭がぼーっとしている。

始発でりゅううううううう!! RT @SUNAO_: らめぇぇぇぇ電車きちゃうぅぅぅぅぅ!///
posted at 04:34:19

こんな発言をする程度には頭がおかしかったみたいだ…



5時半に電車に。さむい。下手したら冬コミ並み。

6時半ぐらいに大井町駅に到着。ここでりんかい線に乗り換えるわけだが、毎回乗り換えのために猛ダッシュする不逞の輩が後を絶たない。動画が投稿サイトに上がってると思うけど、東横の始発→りんかい線はとにかくやばい。
今回は若干遅めの電車だったので、そうひどい混雑はなかった。が、明らかに雰囲気が違う。


りんかい線やビッグサイト周辺で見ていて思ったのは、コミケと比べて年齢層が全くもって若いってこと。なかには中学生と思しき輩も…あと、女性率は決して低くはないと感じた。たしかに東方は男性向けの割合が低いことで知られているし、不思議じゃないのかもしれない。

混雑する電車で耐え、無事に国際展示場駅に到着。以前のコミケオフでも会った人たちと合流して待機列にぞろぞろと向かう。ここからが忍耐の時間だった。3月半ばのお台場は寒かった・・・


海から冷たい風が吹き付けるなか待つこと3時間。
とうとう待機列が動き始める。そして湧き上がる拍手。


10:00、第7回博麗神社例大祭、開催。




どどどどど…という地鳴りを実際に聞いた気がする。列が動かないのはいつものことらしい。20分ほど待機して東ホールに入ることができた。案外余裕?


目指すは東3、音楽関連のサークルが数多く並んでいる領域に。

岸田教団、hounoriさん、いえろ〜ぜぶら、東京アクティブNEETs、白いしましまうさぎなどをまわって、昼ごろには一応見たいサークルはコンプリート。そのあとは外に出て休憩したり、企業ブースをのんびりみてまわるなど。

あと、Twitterで知り合った人で同人活動をしている方のところに挨拶に行ったりしました。どこの馬の骨とも知れない私にただで新刊を渡してくださった方もいて感謝感激、恐れ多かった……!

休憩場所・コスプレ場所として使われている東2に向かうと、pixiv集合絵コーナーの奥の壁一面に絵がたくさん描かれているのを見つける。いわゆるフリースペースで、素晴らしいクオリティの絵がキャンバスいっぱいに描かれているのを見てちょっとした感動を覚える。自分もちょこっとだけ絵が描けたらいいのになぁ、なんておもいつつコスプレのレベルの高さに目を細めつつ思いました。


大体見るべきところを見終わって、ガリレアのベンチに腰掛けると途端に強烈な眠気が。もうだめだとおもいつつ軽く寝。



終了時刻の4時前にはビッグサイトを離脱して、寒風吹き荒れる中オフ会の場所へ移動する。そこでは既に何人かが来ていて、初めて名刺が活躍した瞬間になった。




その後は新宿で焼肉。オフ会の人数がいつの間にか30人ぐらいになっててびっくり。

大人数オフは2度目でしたがなんとか乗り切ることができました。8割方は名刺のおかげです。



そして。
例大祭より無事帰宅しました。素晴らしい一日をありがとう!
posted at 20:42:07



ちなみに戦利品はこんな感じでした。



はじめてのれいたいさいはこれでおしまい。コミケとはちょっと違う雰囲気で、東方オンリーだけあって楽しさ二倍でした!


****


というわけで例大祭レポはこんな感じです。
はじめは文字の羅列でしたが大幅校正&推敲に伴い駄文程度まで進化しました(汗)最後まで読んでくださった方ありがとうございました!


********


そういえば春ごろにいくつか書くべきネタを挙げていた気がしなくもないので確認してみました。

◎夏コミレポ
◎例大祭レポ

あとは…

×鎌倉〜江ノ島旅行レポ
×読書感想
×京都旅行レポ←NEW!

ぐらいでしょうか。京都から帰ってきたばっかりなので、記憶が鮮明なうちに書いておきたいものです。それではまた!




(MUSIC:lazy red sans/flap+frog)

お久しぶりです。突然の報告ですが


コミックマーケット78 一般参加してきました。


これはその参戦記、とも呼べないような駄文長文です。

(そういえば例大祭のレポートはまだ仕上げてませんでした…原稿半分ぐらい書きあがってるのに('A`)こういうのはやっぱり速さが大事ですね!一気にやんないとダメな性格なので自分!)

2日目、上海アリスをはじめとした東方サークルを中心にまわり、Twitterでフォローしている一部の方のところにも挨拶にいきました。時系列で追っていきましょう。


2010年08月14日(土)
7〜8時に会場入りして上海アリス→他のサークル→挨拶→適当に→午後2〜3時に脱出 の予定でした。この発言をしたときには既に1時近くに。さっさと寝ればいいものを!

そして迎えた、朝。
おはようございます、予定より1時間ぐらい寝坊した・・・
posted at 06:31:44

薄々やばいんじゃないかという不安がよぎりますが5時間睡眠で頭がしゃきしゃき動くはずもなく、家を出たのは7時半\(^o^)/

ちなみに当日の東京の天気は曇のち晴|最高気温33℃|降水確率10%。雨も降らず完全に晴れないあたり、外で待機するには絶好の空模様でした。

大井町線、りんかい線を乗りついで着いたは5ヶ月ぶりの国際展示場駅。ここから俺達の伝説がry・・・って冗談を言う暇もなく。

このとき既に8時45分。去年の冬コミの時は1時間半は早く着いてたというのに!早足でサンクス横を通りやぐら橋方向へ向か・・・!?
既にやぐら橋ルートが閉鎖されていました。迂回して駐車場コースなのは確定です。俺このルート知らないんだけど!と若干うろたえつつ列に続いていきます。サークル参加列と一般列が同じになっていることに気付き、さらに不安。そんなに遅かったか…←遅い

どうやらやぐら橋→展示場ガリレア→駐車場、というのは埋まったみたいなので迂回させていたようだ。

歩道橋をわたり降りて向かうは東展示場の中央通路、ガリレア入り口。


そこで「魔法カード発動!“サークル通行証”これを使えば待たずして会場(展示場)入りすることの出来る夢のような以下省略」


スタッフをやる友人に譲ってもらったサークル通行証を渡し、あっさりと東展示場に入ることが出来た。まだ9時15分。

(※サークル通行証は、金品を伴う譲渡は禁止だが単に渡すのならば問題ない。というかサークル準備やスタッフの仕事でいけない人の代わりに友人が使うことを想定しているみたいです。2chとかヤフオクでは禁止令が出ているにもかかわらず高値で取引されているとかいう噂も…)


・・・


一足早く会場入りするという初の体験に胸を高鳴らせつつ東123へ足を運ぶ。そこには既に人が大勢!十分多い!サークルだけで3万5千以上あるといわれているのでここに「既に」6万人はいることになります。10時を迎えるとここに倍の人数の一般参加者が押し寄せるわけだ・・・。


ちょっと状況がつかめていなかったので東“A”、つまりシャッター前のサークルを一通り眺めることに。アルレコ、ALiCE'S EMOTiON、SYNC ART'Sなどの超大手がずらりと並ぶ壁を見ていき、東1の端にさしかかると・・・ん?ダンボール製の塀の向こうに、どこかで見たような謎の柄のハンチング帽(?)にこれまた謎カラーのシャツを着た痩せた人物が・・・!?

―どうみても神主(ZUN氏)です、本当にありがとうございました。

ご尊顔も拝めたところで、上海の待機列はどれだろう、そもそも待機列などあるのだろうかなどなどの疑問が脳内でぐるぐると回りだし、東123をさまようこと十数分・・・長大な列が3つほど出来ていたのでそれぞれの最後尾をみてこれは何の列だろうかと思案していると、いつの間にか東123が完全閉鎖されていました。一斉検査とやらを定時に行うという話は聞いていたので別段焦ることもなくうろついていました(唯一の心配はトイレに行けないことぐらい)。

さて、聞き込み調査によって謎の列の正体が判明した。「全部のシャッター前サークルに並ぶ人の待機列」らしい。総本山(上海アリス)に並ぶつもりだった自分は「じゃあ一番近い待機列に並べばいいんじゃねーの!」という単純思考で東1にシャッターから形成されていた列に加わる。開場前なのにすでにこれだけ(展示場の1ホールの一辺より長い)の列が形成されていて、一体どこからコレだけ萃まったのかと思いつつ、開場を待つことに。


9時50分。「シャッター前」シャッターがとうとう開きはじめ待機列がぞろぞろと動き始め、外に出された自分たちは日の光をまともにくらうことに。ここでやっと「上海アリス」と「他シャッター前サークル」に分散するようになっている。上海アリスだけ別に誘導あるとかどんだけだ・・・上海列はすでに文字通り長蛇の列を形成していた。まことしやかに囁かれる「3限(一人3枚まで、という意味。多くの人に商品が行き渡るための制限)」の噂(この時点で神主がTwitter上で3限を発表していたが、知らない人も多く半信半疑の人多数だった)、高まる期待・・・



そして、10時。


―ビッグサイトは盛大な拍手の音に包まれ―コミックマーケット78、2日目は幕を開けた。

駐車場の方から聞こえてくる微かな地鳴り、スタッフの叫び声、ホール内のざわめき。僕にとって二回目のコミケのはじまりだった。


動かない、動かないと思っていた上海列がぞろぞろと動き出した。思った以上に速いスピードで列を消化しているようだ・・・上海は8列ぐらいで頒布していて、今回お目当ての神主(ZUN氏)は左から3番目の列を担当していた。

運良く(というか最後の方で列を移動できたので)神主列に入ることが出来て・・・


見事、新作「妖精大戦争」を入手。
まだ10時20分ぐらい、驚きの早さである。一般入場だったら徹夜組でも10時半、始発組だと11時以降になっていただろう。
しかも後で聞いた話によれば「3限」だったのは初めの入場分、つまり開場前の人たちだけだったみたい・・・すごく運がよかったと思う。

上の写真はその場で撮影してTwitterに送信した当時のものです。今年の例大祭まで午前中のホール内では全く通信できない程度にひどかったのに、今回は各キャリアが本腰を入れたのか、午前の開場直後のホール内を除いてほぼ電波が通り帯域輻輳もあまり感じられずにTwitterやらiモード通信が行えてびっくりしました。めざましい進歩だったと思います。

そして超大手シャッター前のSOUND HOLICにならぶ。実はコレが一番辛かった、所要時間1時間。
あとは東56と東3を行ったり来たり、前々から選んでいた島サークルをまわり昼前には目的を達成。残りの時間を使ってTwitterのフォロワーさんでサークルやってる人に挨拶行ったり、同じくコミケに来ていて近くにいたフォロワーさんとお話したりしました。

そんな感じで午後3時、戦場を後にし僕のコミケは終わ・・・りません。

同じくTwitterのフォロワーさんでコミケに来ていた人たち同士のオフに参加しました。場所は新宿。


焼肉食べ放題!けっこうな人数が来ていてびっくりしました。面白いポストをしまくるアノ人がまさか・・・!みたいなのがいくつかあったのでとても楽しかったです。飲み、食べ、話しているうちにあっという間に時間が来て解散の運びに。

本当にいろんなクラスタが萃まり、普段会えない人とも直接話ができました。いい意味で忘れられないオフ会になりました。


〜戦利品一覧〜
コミケ戦利品


上海アリス幻樂団:妖精大戦争
Aftergrow:Star Pieces
flap+frog:stereophonic wonder,girls apartment
東京アクティブNEETs:東方爆音ジャズ
XL Project:Color of Life
SOUND HOLIC:星 -HOSHI-,Endless Seeker,特典クリアファイル
極彩レヴェリ:サニーミルクdeポン!
チームはぎわら:東方冥9譚
ハムヲチャン:フォーオブアカイド解放



そして・・・
無事帰宅しましたっ。ふぇぇ。
posted at 21:20:15


こうして僕の夏の戦いは終わりを告げました。
初めての夏コミは日光、気温共に厳しい環境でしたがなんとかサヴァイブすることができました。途中で水が尽きた時はちょっとやばいかと思いましたが・・・

この同人誌即売会でいいところというのは、人と人、作者と読者、作者と作者が直接交流できるところにあるってことで、僕はそれを再認識することが出来ました。冬コミも一般参加しようと思います。素晴らしい時間を共有できたことに感謝。




以上、レポートはこんな感じです。稚拙な文章を最後まで読んでくださった方々ありがとうございましたっ。


夏休みも半分近くを消化して、残すところは一ヶ月半となりました・・・普通に考えて多いw
そのうち一ヶ月ぐらいを実家で過ごそうと思います。地元のひとはTwitter上ではなかなかオフ会に積極的らしいのでいろんな人達と会えそうです、別に出会い系とかそういう意味ではなく。
なんにせよ楽しい、単調ではない、起伏に富んだ帰省が出来るのは間違いなさそうです。

去年と違ってTwitterというツールを手にしていることだし、夏休みはもっともっと充実させるべくアクティブになりたいと思います。ちなみに去年は余裕で午前5時就寝で夕方まで寝てたりしてた・・・過去記事をあさったらわかると思います^q^

さてさて。

時候としては「残暑見舞い」なのですが、今年の夏はまだまだ暑くなりそう。皆さんも夏バテや熱中症には気を付けて。

それではまた。



(title:僕らの夏の夢/山下達郎)

暑い日が続いていますね。でもこの気温なのに首都圏では蝉の鳴き声が聞こえてこないです。異変?


・・・どうも、ここ3週間近くも更新が途絶えてたrook_flyerです。皆さんいかがお過ごしでしょうか?
いろいろと忙しくてやる気が・・・や、Twitterでは相変わらずですが。

最近力を入れていること。
サークル活動もそうですが、期末試験が刻一刻と迫ってきてるのでそれの対策にかけくれてます。さすがにもう「単位があればいいや!」といった楽観は出来ない状況です、てかうちの大学のシステム的にそれは許されないのです・・・orz
平均点悪かったら志望学部にいけないっていうね。だから学生はみんな点数至上主義に走るんだよばか!って声を大にしていいたい。

そんな暗い話はおいといて。
Tumblr「私的日報別館」ではいま東方キャラ(Win版)全員の画像をリブログしていってる最中です。自分が「これはいい!」て思ったのしか選んで無いのでかなりのクオリティ、ガチ絵だとおもいます。自分もあんな絵が描けたらなぁ。

そうそう、絵を描いてみようかな、なんて最近思ってます。クリエイティブな方向にちょっとだけ前進。



とりとめのないかんじでしたが今日はこの辺で。またブログは気が向いたら。



【ほんじつのおすすめ。】Seven Days In Sunny June(Jamiroquai)
最初のさわやかなギターが印象的。イントロは大事だなーって。

とうとうメジャーデビューを果たしたようです!

http://www.geneonuniversal.jp/rondorobe/music/k-kyoudan/index.html

GENEON UNIVERSAL ENTERTAINMENTから。アニメの主題歌に決定してます。以下「公式」ブログより引用。

7月よりO.AされますTVアニメ「学園黙示録HIGHSCHOOL OF THE DEAD」の
オープニングテーマを担当することが決定しました。

詳細は以下の通りです。

2010.8.18 RELEASE
岸田教団&THE明星ロケッツ
TVアニメ「学園黙示録HIGHSCHOOL OF THE DEAD」オープニングテーマ
HIGHSCHOOL OF THE DEAD


(引用元:http://www.geneonuniversal.jp/rondorobe/music/k-kyoudan/news/hp0001/index00020000.html)

というわけでおめでとう、総帥!

このページのトップヘ

FXデイトレー

ド