私的日報

カテゴリ: 音楽(J-POP)


まともな日記を書くのは久しぶりですね。


豚インフルエンザ(別名:トンフル)でWHOフェーズが5に引き上げられ、パンデミック目前な今日この頃、皆さんいかがお過ごしですか?


抵抗力のある人ほど致死率が上がるタイプらしいので気を付けて下さいね。
でも3日前はオールで朝5時の電車に乗った上に寝過ごして横浜まであと5駅だったぐらいに不健康な自分はゾンビになる気はさらさら無いです←


でも、実際はけっこう深刻な話なので参考までにWHOのサイトを挙げておきますね。
フェーズ6になったら公共機関や大学がどのような対応をしだすのかは気になりますね・・・



でも、今日のメインはサークル「音感」の話。

やっと念願のトランペットを買った…のではなくレンタルしてきましたよ←
渋谷のYAMAHAに初めて行きました。広い(笑)

予算の都合上、何かと残念なステューデントモデルですが、ブランク半年の僕としては音が出せれば十分かな…?

同時に、家での練習用に念願のサイレントブラスシステムを買いました♪ヤマハ謹製「管楽器お手入れセット」と合わせて2万円が一瞬で吹き飛びましたがww

帰って早速吹いてみましたが、音がほとんど漏れないことに感動。ただ、ヘッドフォンから聴いてみたら、ミュート(≠消音)が入った音で、EQ入れないと音が全然TPらしくない(>_<;)でも、夜中に練習できるって素晴らしい!おかげでレポート提出が遅(ry


そして一昨日の夜はスカイプでマリオ(旧姓:チャラ郷)にL'Arc〜en〜Ciel(直訳するとThe arch in Skyだぜww)を布教された。案外、ラルクの絶頂期は10年前じゃね?と思った。
PV視聴にはGoogle動画検索を初めて使わさせていただきました(^ω^;)

そこで俺はミスチルを布教しかえした訳だが、何だかんだ言って自分の紹介曲は10年前のばっかでしたwwww少し上の世代にも通じますww


…って毎日夜遅くまでこんなことしてるから1限に遅れる訳ですね、わかります←

そんな忙しくもそこそこ充実した日々を送るrookでした。おしまい。





(title:HONEY//L'Arc〜en〜Ciel)

今日はメーデーですね。

でも、BUMPの曲はMayDayではなく、m'aidez(=help me)という意味です♪口頭無線の救難要請。

レポートで沈没しかけの俺もメーデー←


まあ、最近の曲ではかなりいいものではないでしょうか。


もうひとつ、「ギルド」。

こっちのほうがメーデーにはぴったりかな。

現代社会で働く、あらゆる人たちの叫び。それがこの曲に表れているような気がします。


ウチの大学はGW連休まであと2日。頑張っていきましょう!






(title:メーデー//BUMP OF CHICKEN)


久しぶりにBUMPを聴いた。


某コミュで散々「声が論外」「聞くのは厨房だけ」とかいった悪口やら幼稚な中傷ばかり見て以来、全然聴かなくなっていた。

それで醒めた、とも言えるのかな。特定のアーティストを聴くことが悪だ、劣っているという趣旨の発言をする人がいることにがっかりするし、一方で一部のファン(と自称する人々)のライブでの傍若無人ぶり、歌手へのアイドル視、が存在することを考えるとしょうがないかな、と納得してしまう。アンチとアンチにやたら噛み付く人がこのバンドに多いのも事実だ。


そもそも、本来音楽は好きな人だけでこっそり聴く、『濃い』存在であるべきだと思う。その点ではオタク文化となんら違いは生じないし、それは疑いようのないことだ。

だから、人気・流行であることに曲のクオリティの根拠を求めるPOPというジャンル(ジャンルの分類という行為はそれはそれで無意味なのだが、ここでは便宜上)は音楽の本質から離れているのは否めない。とくに日本のポップスにはその傾向が顕著に現れていると思う(オリコンチャートの上位曲の「その後」を見ればそれは明らかなんだが)。

でも、今の日本の音楽はそれに頼らざるを得ない。一部のレコード会社の行き過ぎた商業主義については割愛。そんなに売ることが大事なの?広く愛されること=良いことなの?

冷静に、他人の、ネットの評価を気にしながらアーティストの曲を聴くって、おかしいと思いません?


音楽って、もっと聴く側が自分勝手であるべきだと思う。換言すると、他人の言うことばかり重視して肝心な自分の感情をスポイルしてはいけないと思う。

もちろん(客観的に見て)技術的な上手さが気に入ったから、とか友人が薦めてくれたから、とかいった理由で特定のアーティストを聴き始めるのが悪いという考えではありません。大事なのは、そのアーティストの音楽を「自分が」好きになったということ。音楽を全く知らないため取っ掛かりが無いという人ならまだしも、ランキングトップ10の曲は絶対聴く、という盲目的な態度をとり続ければ、その人にとっての音楽は「(商業主義的観点から)売れる」音楽であり続け、決して趣味とはいえないと思う。


「バンプの歌は技術的には下手だけど元気付けられるものがある。」
それだけでいいんじゃないの?



・・・今日はやたら感情的な文章を書いたなぁ。これからはもっと音楽に関する自分の姿勢を固めていこう。音楽聴き始めた頃からの目標だけど、いろんなジャンルに触れよう。クラシックもジャズも知識が足りない><

(title:リリィ//BUMP OF CHICKEN)

今日はアジカンのボーカル・ギターの後藤正文の誕生日!


「サーフ ブンガク カマクラ」はまだ聞いてないけど、「ワールド ワールド ワールド」「未だ見ぬ明日に」とかを精力的に出して、今年はけっこう活動した年になった気がする。


まあそこらへんはうちのクラスの後藤が詳細に解説してくれるとして…



こんばんは。

最近寒さが少しだけやわらいだ気がします。



世界史の勉強はやっと東欧に…ポーランドがカオス。何だよピアスト朝って…


前にも書きましたがクラスのケント君曰く「くそ参考書」の『タテから見る世界史』を使っています。んなもん用語集で補完しつつ勉強すれば問題なし…と強気で勉強し直していますが…

実際、今まで勉強してきた内容とは全く違う、どうでもよさげな史実が乗ってたり、それでいて「おいおいここはもっと詳しく書けよ!」と思う部分もあったりと、不安も残る編集であることは確か。


だからといって、「誰かいい参考書(詳し過ぎず、簡単過ぎず)教えて〜」とは言わない(←今言った)。一度自分の意志で買ったものは貫徹してやるべき、だと思う。


うん、さっさと「ヨコから」を買えるように頑張ろう。


アジカンAKGって聞くとオーストリアのオーディオメーカーがまず浮かぶ、rook_flyerでした。そういえば今はハーマンの傘下だったなぁ…



(title:夕暮れの紅//ASIAN KUNG-FU GENERATION)

BUMP OF CHICKEN

ニューアルバム

発売決定!!!


リリースは6月18日です♪
しかも、驚いたことに構成曲は「ラフメイカー」から「ガラスのブルース(28 years round)」までのカップリング曲+新曲「プレゼント」!!

前は絶対カップリングはアルバムに入れないとか言っていたので、昔のシングルを買っていない自分にとってはなんとも嬉しい話♪

それに先立って5thアルバム「orbital period」のDVDも5月14日発売決定!!これには「ギルド」のPVも収録されるようです♪

この6thアルバムの発売が前作からたったの半年。4thと5thの間に2年はあった気がします。これはすごいスピードですね(^^)

という訳で、今年もBUMPを満喫出来そうです♪

そういえばまだ3rdと4thアルバムは買ってないな〜。アルバム出る前に補完しなきゃ(笑)

(title:ラフ・メイカー)

5
友人から「BUMPの新曲出るぜ」と言われ焦って検索した(^-^;負けた気分…


トイズファクトリーのオフィシャルサイトによると、BUMP OF CHICKENのニューシングルが10月24日に2枚同時リリースされる予定。


曲名は「花の名」と「メーデー」。前者は11月3日公開の「ALWAYS・続三丁目の夕日」主題歌となる。
サイト曰く「疾走感溢れる」チューンだそうだ。


約1年ぶりのリリース。しかもが映画主題歌を歌ったのは久しぶりじゃないかな(sailing dayが劇場版ワンピの主題歌だった事しか覚えてないが)。激しく期待!!

このページのトップヘ

FXデイトレー

ド