私的日報

こんにちは。
年々更新頻度が下がっている当ブログですが、本年もよろしくお願いします。
今回はフランスでプリペイドSIMを購入した話です。


昨年の春、フランスに一週間ほど旅行していました。

旅立つ直前、携帯用のネット回線が欲しいなと思ってまず検討したのがモバイルWi-Fiのレンタルでした。が、調べてみると一日980円(3G通信、フランスの場合。国・地域によって結構違います)はかかる上に通信容量の制約が厳しく、レンタル自体にも事前予約が必要だったりして、早々に却下。
それじゃ、現地でプリペイドSIMを買えばいいのでは?となりますよね。ここでSIMフリー版iPadの出番です。

選んだキャリアは仏最大手のOrange。パリ市内ならば結構な数があるので大抵の地区でオレンジ色の看板をすぐ見つけられると思います。

一番の問題はコミュニケーションです。ここはフランス、軽々しく英語が通じる国ではありません…地方のショップでは英語のできる店員さんがいないかもしれません。自分が行った店舗、一人は英語ペラペラでしたが、不幸にも他の観光客の対応でつきっきりでした。

その時ちょうど対応してくれたのは「私英語めっちゃ苦手だよ?いいの?」と困惑しつつも話しかけてくれた女性店員さん。フランス語と英語とジェスチャーをごた混ぜにしつつ、なんとか意思疎通をはかることができました。
アドバイスとしては、とりあえずフランス語が全く出来なくてもボンジュールとメルシーだけは言いましょう!あ、この人頑張って話しかけてくれてるんだなってのが伝わります(笑)

購入の際にはパスポート、住所(ホテルの住所でOK)、現金またはクレカが必要になります。

今回買ったものは
・WP Let's go Prepaid 4G(la pochette pret-a-surfer)
データ通信専用SIMカード。スマホだと通話込みプランを案内されるかもしれないです。
・Les recharges Internet Mobile(1 Go)
いわゆるリチャージ、容量の追加購入です。1GB10ユーロ。使用期限は7日間。
ちなみにフランス語ではギガバイト(GB)をギガオクテット(Go)と表します、覚えておきましょう。

IMG_1476

購入したnanoSIMカード。microSIM,SIM用アダプターも付属しています。

IMG_1475

レシート。たったの19.9ユーロ(約2600円)で上限1GBの通信が7日間可能になりました。
SIMカード自体は12ヶ月間有効だそうです。

SMSで送られてきたアクティベーションコードを入力し、認証が通った旨の通知が届く(ここらへんうろ覚えです)も、なぜか繋がらない。自分も店員さんも分からず、「APNが入力されていない」ことに気付くまで小一時間かかりました…APNは端末によっては自動入力される場合もあるみたいで、個別に対応するしかなさそうです。

APN: orange.fr
Username: orange
Password: orange

ネットで調べたAPN情報を適当に入力するとあっさり4Gの表示が。ほっとしました。

実際に使ってみたところ、パリは当然のこと、他の都市や幹線道路でも4Gが繋がり、移動中でも遠慮なくGoogleMapが使えるのには本当に助けられました。パリからモンサンミッシェルに向かう高速道路ではちょくちょく3Gでしたが、あれだけ地方でも圏外になることはほとんどなく、想像以上に回線網が充実していることを体感しました。やはり店舗数やプランの豊富さ、カバー率を考えるとOrangeで購入するのがベストではないかと思います。



パリでの痛ましいテロ事件を見聞きしてからは、フランスの街並みをたびたび思い返すようになりました。
当時も何かと騒がれていた時期でしたが、最近はセキュリティの強化や各種イベントの中止などで旅行者が不自由な思いをすることも多くなるでしょう。そういった時にスマホから即座に情報が得られれば、大いに助かるのではと思います。

この記事が一人でも多くの旅行者の手助けになるよう願っています。



【参考記事】

海外プリペイドSIM導入マニュアル――「ルクセンブルグ+パリ2014年」編 - ITmedia Mobile
http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1406/30/news108.html

『フランスでSIMフリー 2014』 [パリ]のブログ・旅行記 by アイアムOKさん - 4travel.jp
http://4travel.jp/travelogue/10915708

nemu_o's dialy:Orange(フランス)/WP Let's go Prepaid 4G(la pochette pret-a-surfer) http://blog.livedoor.jp/nemu_o/archives/1837428.html

recharges prepayees Mobicarte - Orange mobile (フランス語)
http://boutique.orange.fr/mobile/recharges-mobicarte#internetMobile

久しぶりにオーディオ関連のお話です。


《価格別》おすすめの最強コスパイヤホン!安いのに良い音なイヤホンまとめ-3000円以下編
を見て、今更感がありますがPHILIPS SHE9710の試聴をしたいと思いました。
e☆イヤホンの実店舗に向かったところ…

なぜか見つけられませんでした(苦笑)


その代わり低価格帯コーナーで、見慣れないブランドのイヤフォンを発見。

DSC04162


それがこちら、ZERO AUDIO CARBO TENORE ZH-DX200-CTです。

試聴したところ、その値段からは想像しがたい音質の良さに衝撃を受け即購入。
以下、音質面と物理面に大別して評価してみました。


【音質面】
◎低中高音のバランス
 ポップス、ロック、ボーカルものに最適なバランス。低音不足は感じない。
 物足りない人は低音重視タイプのBASSOをおすすめします。
◎遮音性
 カナル型イヤフォンのなかでも優れた遮音性があります。ゲームセンターのような大音量環境でも聴力保護に役に立ちます。
○解像度
値段よりはやや良いかなという程度。
△臨場感
音場が狭く、立体感に欠けます。さすがにこの値段では難しいと思いますが。
△迫力
より迫力(=振動させる空気量)を増やすために近年大型化の進むダイナミック型イヤフォンの流れに反し、本機はかなりハウジング・ドライバーユニットが小さいです。

【物理面】
◎ハウジングの小ささ
目立たず、耳が比較的小さくてもフィットする形状です。
○L字イヤフォンジャック
これは意外と大事な点だと思うのですが、スマホに挿してポケットに入れた時、イヤフォン端子が下向きでも負荷がかかりにくいというところは、良い工夫だと感じました。
○ケーブル
Y字型1.2mの普通のケーブルです。アジャスターあり。
市販の延長ケーブルよりはやや細く、柔らかさがあり、取り回しやすいです。





【総評】
中高音のまとまりの良さ、特にボーカルの明瞭さ、ハウジングやケーブルの品質…
これらの全体的なまとまりが非常に良く、3000円以下とはにわかに信じられない仕上がりになっています。
その遮音性、目立ちにくさ、ケーブルの取り回しなどから、屋外やゲーセンで気がねなく使えるイヤフォンだと思います。実際、外出の際はこれを持ち歩くことがほとんどになりました。
現在、円安の影響を受けて15~20%値上がりしてしまったのが残念ですが、それでもコストパフォーマンスに優れた品だと思います。

お久しぶりです。
今更感があふれていますが…昨年iPad Air(セルラー版)を手に入れたので、運用の所感を書き連ねたいと思います。

昨年下書きして放置していたものなので、現状に即していない部分が多々あると思いますがそこはご容赦を。



1.iPad Air購入

勉強で膨大な量のPDFを読む必要があったので、タブレット端末を買うことを決心しました。昨年の6月ごろでした。条件としては

 ・画面サイズ10インチ以上
 ・書類とWeb閲覧がメイン
 ・そこそこ軽い
 ・キャリアコンテンツ不要
 ・屋外でも通信可能
 ・容量にはこだわらない

これらに当てはまっていたのがiPad Air。
特に、決め手となったのは4:3というアスペクト比です。この比率、端末を縦にした状態での書類・ウェブ閲覧に最適なんです。いっぽうAndroidタブレットは揃いも揃って16:9なんですよね…ほとんどが動画閲覧する消費者を意識しているのでしょうけど。
また、iTunesで音楽の同期とバックアップを同時にとることができる点はiOSならではの良さだと思いました。

屋外でも使いたかったのですが、3大キャリアと契約して高額の通信料を払うのもなんだかなーと思いSIMフリーモデルを選択。
これまで香港など海外から輸入するしかなかったSIMフリー版iPadでしたが、昨年7月からApple Online Storeでの直販が始まりました。
ちょうどiPadを買おうとしていた自分にとってはこの上ないタイミング…ということで、iPad Air cellularモデル(32GB)を即注文。

届きました。
IMG_2784


ケースはJisoncaseのスマートケース(白)をセレクト。ほぼハードカバー同等の強度があります。
IMG_2802

IMG_2803


保護フィルムはVEROMANの強化ガラスフィルム(0.3mm)にしました。
角を硬いものに強打するとかしない限り割れないので、画面の綺麗さと保護を両立したいならガラスフィルム一択だと思います。
IMG_2790




2.SIMカード

当然、SIMカードを別途契約することに。
選んだのはMVNOのひとつ、BIGLOBEの提供するLTE・3GデータSIM(エントリープラン)です。
サービス内容は
 ・LTE対応
 ・LTE使用量1GB/月→2014年11月から2GB/月に増量→現在3GB/月
 ・フリーWi-Fiスポット
 ・使用料972円/月
と、MVNOとしては月並みなものですが、自宅の固定回線のプロバイダがBIGLOBEのため、756円/月で使用することができるのが魅力でした。LTEが月2GB使えるSIMの中では最安のはずです。
徹底的に安さを追求するのであればDTIやワイヤレスゲート(ヨドバシSIM)が提供する500円前後のSIMも視野に入れるべきでしょうが、せっかくiPadがLTEに対応しているのに250kbpsという速度制限下で使うのはあまりにも勿体ないですよね。

どう見てもドコモのnanoUIMですね…
IMG_2826



3.所感
で。暫く使ってみた感想を挙げていこうと思います。iPad Air2が先日発売されましたが、劇的な差異はないハズなので購入時の参考になれば幸いです。

◎良いところ

画面
9.7インチRetinaディスプレイのおかげでA4サイズの書類(PDF)程度なら拡大せずに読めます。先述したアスペクト比4:3のおかげでWeb閲覧にも向いています。もっとも9:16を意識したWebサイトは増えてきていると思いますが…
あと購入時には想定していなかった使い方として、写真閲覧が挙げられます。
DropBoxやGoogle+のアルバムにアクセスして、一眼で撮影した写真を見てみると、これがなかなか綺麗なのです。少なくとも自宅のFullHD液晶ディスプレイよりも解像感に優れています。

小説もこの通り。
IMG_2812


LTE(ビッグローブSIM)
docomo回線のおかげで外出時にも友人に写真をサクサク見せることができます。思った以上に快適です。
月2GBの制限ですが、今のところ超えたことはありません。むしろ366MB/3日という制限の方が厄介です。
屋外でMapや検索、写真アップロードなどをガンガンしているうちにあっさり使い切ってしまい、128kbps制限が掛かってしまうので注意が必要です。

△イマイチ
はっきり言って、iPad AirはiPadより薄く軽くなったとはいえ、持ち歩きには向かないです。
本体だけなら薄くてそこそこ軽いのですが、屋外で裸で使う勇気はさすがにありません。ので、ハードカバーを装着すると700g超の重量を誇るように…
B5サイズなので小さめのショルダーバッグとかには入りません。これのために新しくバッグ買いました(笑)
10インチもあるので片手で持って操作するのは至難の業です。基本的に片手でホールド、片手で操作というスタイルになると思いますが、結構な重量のせいか手が疲れます。
電車で電子書籍や新聞を立って読もうとか考えている人は7.9インチディスプレイのiPad mini3を検討するか、いっそiPad Air2をカバーなしで使ってしまうのがいいでしょう。


4.まとめ
iPad Airは屋内での使用に向いています。
書類閲覧・音楽・YouTube・LINE・各種SNSをこの一台でこなせてしまうので、デスクトップPCの電源を付けている時間が減りました。エコですね。
端子がLightningに変わりましたが、USB接続可能なCDプレーヤーには普通に出力できました。作業用BGMを流すのに最適です。
あと大画面ゆえゲーム類も捗ります。スクフェス楽しいです。以上!

このページのトップヘ

FXデイトレー

ド